横浜市内で探すならココ!お子さんにピッタリの学習塾選びガイド

HOME » 個別指導と集団塾を徹底比較しました » 適応できる子どものタイプ

適応できる子どものタイプ

ここでは、個別指導塾と集団塾という塾の種類の違いを比較しながら、それぞれどんなお子さんが向いているのか、向いていないのかというお話を述べていきます。

集団と個人指導、塾の種類の比較と向き・不向きについて

現在お子さんをお持ちの親御さんが小中高生だった時代、塾と言えば集団塾が全盛で、個別指導塾はまだ少数派でした。そのため、いざご自分のお子さんを通わせるにあたり、どちらが良いのかお悩みになる方も多いことでしょう。

そこで、個別指導塾・集団塾の違いから見ていきましょう。「授業内容」のページでも述べていますが、主な違いは以下の通りです。

■「個別指導塾」の特徴

  • マンツーマン、あるいは講師1人に生徒2~3人の少人数制で、授業が行われます。
    そのため、生徒の元々の学力や学習進度、部活動などとの兼ね合いなども考慮した、オーダーメイド式の授業を受けられます。
  • 少人数であるため、分からないまま先に進んでしまうことはなく、質問などもしやすいメリットがあります。
    また、講師側も、生徒の習熟度合いを把握しやすいので、以後の学習計画を組み立てやくなります。
  • 生徒と講師の相性が悪い場合でも、容易に講師を選び直すことができます。

■「集団塾」の特徴

  • 決められた時間・カリキュラムで授業が行われるため、一定のペースで学習を進められます。
    また多くの場合、プロ講師が指導するため、レベルの高い授業が展開。
  • 受験に関する情報量も比較的豊富。
    全国模試などにも積極的に参加することが多く、お子さんの相対的な立ち位置を、把握しやすくなります。
  • 周囲のライバル達と切磋琢磨することで、モチベーションを高めやすい傾向があります。
  • 集団指導ゆえに、授業に付いていけない生徒のケアは、個別指導に比べおろそかになりがち。

お子さんの生活リズム・性格から見つける塾タイプ

個別指導塾と集団塾には、明確な違いがあります。そのため、お子さんの元々の学力や積極性・消極性などの性格によって、どちらが向いているか、塾を選ぶ前に判断しておくことをオススメします。

■「個別指導塾」向きのお子さんは…

  • 元々勉強が遅れていたり、勉強そのものへの意欲が少ない。
  • 効果的・効率的な勉強のやり方が分からない、自分で計画を立てることが苦手。
  • 自分から先生に質問したり、手を挙げて発言したりすることが苦手。
  • 部活動もしっかり取り組みたいなど、勉強時間があまり取れない。
  • 苦手分野の克服や、特定教科のみ学びたいなど、自分のペースで学習したい。
  • 自分の学力・弱点を、はっきり特定させた上で、効果的に勉強をしたい…など

■「集団塾」向きのお子さんは…

  • 過去の勉強の内容が理解できており、学習意欲も一定以上ある
  • 競争心・負けん気があり、周囲との競争でモチベーションがあがるタイプ
  • 積極的な性格で、周囲を気にせず講師に質問などができる
  • 比較的勉強時間を確保でき、指示通り物事をこなせる…など

以上の通り、勉強に苦手意識があるお子さんは「個別指導塾」、もともと勉強ができるお子さんは「集団塾」が向いていると言えます。

ただし、これはあくまで一般的な傾向です。大切なのはお子さんひとり一人に本当に合っているかどうかですので、体験プラン・見学・リサーチなどを事前にしっかり行った上で、判断しましょう。