横浜市内で探すならココ!お子さんにピッタリの学習塾選びガイド

HOME » 個別指導と集団塾を徹底比較しました » 授業内容

授業内容

個別指導塾・集団塾それぞれの授業内容や進め方といった面にスポットを当て、メリットとデメリットを比較検証しています。

授業内容で比較する個別指導塾と集団塾のメリットとデメリット

「いい塾とは何か?どのように選ぶべきか?」

塾を選ぶときにこの考えをしっかり持たないまま、安易に塾を選んでしまい、後悔する方がけっこういらっしゃるようです。

その典型的な例が、「お子さんと仲のよい友達が通っているから」「他の親御さんに勧められたから」といった理由。このような内容を耳にした人も、少なくないのではないでしょうか?

たとえ、他のお子さんがよいと感じる塾でも、ご自分のお子さんにも合うという保証はありません。

そもそも塾選びは、お子さんの学力はもちろんのこと、性格・やる気・熱中しやすさなどの要素によって、変わってくるもの。重要なのは、まず塾の種類とそれぞれの授業内容や進め方をしっかり把握し、お子さんの性格や学力と照らし合わせながら塾選びを行うことなんです。

個別指導塾・集団塾の授業内容を比較

個別指導塾と集団塾で行っている授業内容の違いを、学習環境・授業のレベル・進行ペース・学習環境などのポイントを比較しながら、ご説明します。

【個別指導塾】

  • 特徴:この20年ほどでシェアを伸ばしている
  • 人数:その名の通り、マンツーマンあるいは講師1人に生徒2~3人というスタイルで授業が行われます。塾によっては6人体制で個別指導と称する塾も。
  • 授業内容と進行ペース:生徒の元々の学力・学習進度・部活動などとの兼ね合いなども考慮し、授業を進めることができます。なかには「オーダーメイド式」の授業を受けられる塾もあるんです。
  • 学習環境:分からないことがあっても先に進んでしまうということはなく、分かるまで丁寧に教えてもらえ、質問なども行いやすいので、授業で置いてけぼりを食らう心配なく、着実に身に付けられる環境だといえます。

【集団塾】

  • 特徴:従来の塾のスタイル
  • 人数:7人以上(少人数制の場合)~。多いところでは20~30名ほど。
  • 授業内容と進行ペース:近年は個別指導塾の出現もあり、その性質も親御さんの現役時代と比べ、さらに進化しています。その代表例が「プロの講師が指導するレベルの高い授業が展開される」ことがあげられます。
  • 学習環境:比較的学力の高い子どもが集まり、切磋琢磨することで、より学力・モチベーションを高める効果も望めます。
    一方、授業について行けない子どものケアは疎かになりがちで、置いてけぼりの一方通行なるリスクがあります。

エンピツのライン

いかがでしょうか?このように個別指導塾と集団塾には大きな違いがあることがお分かりになれたことと思います。

では、ご自分のお子さんはどちらに通わせるべきか?それには現状の学力やお子さんの性格・人となりなどが関係してきます。

この点については「学習の目的」および「適応できる子どものタイプ」のページで詳しく述べていますので、ぜひご覧ください。